戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はKYだった!?
2016年07月09日 (土) | 編集 |

black-and-white-person-woman-girl.jpg 

AQテストでは分からなかった

私は自分が人の気持ちがわかる人間だと思っていました。

友人の役に立てればと思い「AQテスト」を日本語に翻訳した時に自己診断をしてみましたが、私は自分が人の気持ちがわかるという前提で設問に答えていたのでAQ値は20ポイントいないでした。平均点が16.4。32点以上だとアスペルガーの疑いがあるそうです。

でも、KYだと気づいた今、結果は違ってくるかもしれません。

テレビが切っ掛けでした

2016年6月27日に放送された、テレビ朝日の「しくじり先生 ~ 俺みたいになるな」と言う番組の神田うのさんが出演した回のテーマは「空気が読めなくて嫌われた先生」でした。


神田さんの回の詳細はこちらの GoodDaysLaboさんの記事 をご覧ください。


私は番組の出演者の「気付き」の瞬間について聞くのが好きでよく観ますが、今回は人事ではありませんでした。神田さんがKYな言動で人を傷つけた話しを始めた時に自分もそういうことをしていると気付きました。相手の気持ちを考えずに発した言葉で傷つけていたことが結構あったのです。


20代の頃に仕事をやめた時に同僚の女性が私にプレゼントを私ながら「私はずっとあなたのことが嫌いだった。」と言われました。私はその人のことがちょっと苦手だったので「そうでしたか、すみません」と言ってその場を立ち去りました。


その時はわかりませんでしたが、私はKYな発言をして彼女を深く傷つけていたのでしょう。


障害者の母親の会で仲間はずれになったことも有ります。リーダー各の女性にとても嫌われたことは自覚していましたが、今になってなぜ私が嫌われていたのかがおぼろげに見えてきました。

KYなのでなぜ嫌われているのかわからない

私はバイリンガルで、仕事もテキパキこなし、年齢にしてはデジタル機器が得意です。


「頭がいい人」だと思われているのかもしれません。


バイリンガルでも人の気持ちがわからないし、仕事でテキパキしていても家ではダメダメだし、デジタル機器が使えても、お掃除や人付き合いなど主婦にとって必要なスキルは少ないです。


「頭がいい」からわかっていて人の気持ちを無視しているような発言をしている、と思われているのかもしれません。私の言動で傷ついた人は傷ついた理由を言ってくれず、無言になるか、私から離れていくかのどちらかです。


私が自分で気づくしかありません。「私の言動のどこで傷ついたの?」と聞いても相手の方は中々答えられないと思います。


今までKYな言動で傷つけた方々にお詫びしたい気持ちで一杯です。お会いする機会があれば、KYな言動をあやまりたいと思っています。
過去を変えることはできないません。自分を変えてこれ以上KYな発言をしないよう努力するしかありません。
今私ができるのは:
  • 意識して相手の気持ちを考える。
  • 相手の表情を見て、話す。
  • 考えながら話す。


私は話す時に相手が見えていないのかもしれません。自信はありませんが自分を変える努力をします。


画像ソーズ: Pexels


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
診断されていない大人のアスペルガー、サイトのアクセス数
2015年07月10日 (金) | 編集 |
生きづらさの原因は「アスペルガー」かもしれません
Splitshire

アスペルガー指数テストのアクセス数



先日中旬に「アスペルガー診断テスト」のページを再編集して、ミニサイト「AQ Test Jp」として再スタートした一週間後、急にそのページのアクセス数が跳ね上がりました。

サイトのページビューが約37000

原因を調べてみたら、この記事

  それって発達障がいかも?「アスペルガー症候群」に見られる会話パターン6つ

2ちゃんねる掲示板で話題になり、そのスレッドで「アスペルガー診断テスト」が紹介されました。その後、数々のまとめサイトでも取り上げられました。

普段なら、100~200ページビューぐらいのこのページですが、4日間は1,000~37,000ページビューを記録しました。

大人になるまで、自分がアスペルガーだと知らずに生きづらさで悩んでいる人が大勢いるのだと、気付かされます。

夫や妻がアスペルガーだと知らずに毎日苦しい思いをしている人も多いようです。

他己診断



診断テストのページのトップページの「テスト方法」の説明にこういうことを書きました。:

本人が受けるのが難しい場合は、家族が代わりに応えてもいいでしょう。すべて答え終わったら、下の[Calculate Score]のボタンをクリックします。


2chのスレッドでは、上記に関して疑問を投げかけるかたがいました。

当初は、親ごさんがご自身のお子様がアスペルガーかどうかの目安に使って欲しいという気持ちで書きました。毎日の生活を観察出来る親なら、代理で質問に答えて、専門家の先生に相談するべきかの判断材料に使っていただけたら、と思いました。

最近で結婚相手がアスペルガーだと思った方々も利用されているようです。


アスペルガー症候群に関するサイト



あまり詳しくないので、関心がある方は、ネットや書籍でお調べください。

  NHK あさイチ「どう向き合う? 夫の発達障害」

  NHK 福祉ネットワーク「大人のアスペルガー症候群

  大人の発達障害の特徴

  Wikipedia アスペルガー症候群

アスペルガーに関する書籍


Amazonにはアスペルガーに関する本が多数販売されています。

これらの本はサイトで紹介しているものです。できれば、Amazonでチェックして、書店へ足を運んでで実際に閲覧してから、購入することをおすすめします。:

高機能自閉症・アスペルガー症候群 「その子らしさ」を生かす子育て

大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリーイラスト版)

図解 よくわかる 大人の アスペルガー症候群

旦那(アキラ)さんはアスペルガー 奥(ツナ)さんはカサンドラ

大人のアスペルガーがわかる――他人の気持ちを想像できない人たち (朝日新書)

自閉症感覚―かくれた能力を引きだす方法



にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ
にほんブログ村
「アスペルガー診断テスト」のページを新しくデザインしまた
2015年06月14日 (日) | 編集 |
ずっと前に友達のために英語のアスペルガーテストを日本語に訳した時に、せっかくだからと古いウェブサイトにオンラインでもテスト出来るようにとアップしてみました。

これが日本での元祖オンラインアスペルガーテストだと言ってもいいでしょう。その他のネット上のテストはこのテストが元になっていると勝手に思いっています。(もし違っていたら、すみません。)元祖なので、タイトルに「ケンブリッジ大学」作成と堂々と宣言しています。

しかし、その他のアスペルガーテストは私の拙い翻訳よりもずっと分かりやすいので、より使いやすいテストを選んで利用するといいと思います。

大切なのはまだ診断されていないアスペルガーの人たちが専門家へ相談する切っ掛けにしていただきたいということです。

アスペルガー指数が正常値の人は別の理由で「行きにくさ」を感じている可能性があります。そういう方は、ぜひこのブログをチェックしていただきたいです。

  いつも空が見えるから

ADHD(注意欠陥/多動性障害)についてわかりやすく解説しています。

「アスペルガー診断テスト」をアップした当時はさほどアクセスはないだろうと思ってとてもシンプルにページを作りましたが、近年ではまとめサイトや2チャンネルで取り上げていただき、今では一番アクセスの多いページです。こんな感じでした:

アスペルガーテストの旧バージョン

まだ翻訳の経験が浅かったため、質問の内容がわかりにくいというコメントを目にすることがありました。ページ自体が見づらいということも実感していたので、見やすく更新したいと思っていたのました。そして、今日、やっとベータバージョン(試用版)が完成しました。タイトルは「アスペルガー診断テスト」から、より適切な「アスペルガー指数テスト」に変更し、質問の表現ももう少しわかりやすくし、ミニサイトに形式に変えてみました。

アスペルガーテストの新バージョン

最近古いサイトを更新しようとHTML5とCSSのお勉強をしているのですが、まだ自分でデザインするの能力がないので、ネットで拾ったコードを利用しました:

Simple HTML 5 & CSS 3 Responsive Layout

CSS3を使って美しく装飾されたテーブルの作り方

HTML5もCSSもよくわからないので、ページに統一感がありませんが、お勉強しながら徐々に素敵なページに替えて行こうと思います。

新しくなったページをご覧になるには、こちらをチェック:

   ケンブリッジ大学アスペルガー指数テスト


図解 よくわかる 大人の アスペルガー症候群
上野 一彦 市川 宏伸
ナツメ社
売り上げランキング: 13,769



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
また「アスペルガー診断テスト」が注目を頂いています
2014年04月24日 (木) | 編集 |
アクセス解析

私が以前開設してここ数年はほとんど更新していないウェブサイトがあるのですが、そのサイトのあるページがまた最近注目を浴びています。「アスペルガー診断テスト」というページです。アスペルガーのための自己診断テストです。

50の設問に答えて、合計の数値が32点以上だとアスペルガーの可能性があるというものです。平均点が16.2点ですが、32点以上が出た方でも支障なく暮らしている場合もあるとのことです。

アスペルガー診断テストのイメージ
アスペルガー診断テストのイメージ(クリックすると画像が拡大します)


今回注目されたのはとあるサイトで「ケンブリッジ大学の自閉症研究チームが作成した」という点を紹介くださったからです。

あちこちにこのページを元に作成されたクローンページが発生しました。私のページよりも見やすく、もう少し細かい分析があったりしますが、どれにも私の拙い翻訳が使われています。無料で提供してくださるのであれば、私としては問題はありません。より多くの人にアスペルガー自己診断を提供できることはいいことだと思っています。ただ、クローンページを作る際は、ぜひケンブリッジ大学やWired.comをクレジットしていないことが気になります。私のメールアドレスが残ったままアップしているページもあったのでギョッとしましたが、やがて削除されました。

しかし、何か不正があればこのテストを提供している Wired.comに報告する所存です。

上の画像はアクセス解析ですが、昨日、今日と一万前後のアクセスを頂いてます。普段は100から500程度のアクセスなので、びっくりです。

人間関係に悩んでいる方生きづらさを感じている方には是非オススメなテストですのぜひ一度お試しください:

アスペルガー診断テスト

50問もあるので、人によっては最後まで受けるのがつらすぎて、途中でやめてしまう方もおられるようです。ただ、正確なアセスメントをするためには、同じようなことを角度を変えて設問しなければならないようです。頑張って最後まで受けていただきたいです。

辛さの原因がアスペルガーだとわかれば次のステップが踏めると思います。

翻訳者の私からお願いがあります。

1.テストの結果は個人情報です。任意でツイッターなどにに数値を公表するのは自由ですが、他の人にそれを強要するのはやめていただきたいです。2ちゃんねるのよう匿名な掲示板であれば問題ありません。

2.私のページを元にアスペルガー診断テストを作る場合はケンブリッジ大学のチームが作成したことと、Wired.comをクレジットすることをお願いします。人のものをコピペして自分が作ったふりをすることは良くないと思います。

アクセス解析を元にリンクを辿って行くと、「見づらい」というコメントを目にします。もっと見やすいページを作るために現在HTML5を勉強中です。ページをアップした頃はこれほどのアクセスは見込んでいなかったのでデザインのことなどはあまり気にしていませんでしたが、これから改善していこうと思っています。

HTML5はこの本で勉強中です。:



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


HPのアスペルガー診断テストのアクセス数がすごい
2013年05月01日 (水) | 編集 |
私が自分のホームページにアップしたアスペルガー診断テストの日本語版のアクセスがものすごいことになっています。こんなページです:

アスペルガー診断テストの画面

今朝、アクセス解析をチェックしたら、昨日一日で7,235件のユニークアクセスが有りました。ちなみにこのブログのユニークアクセスは488件でした。

ホームページのアクセス解析

このページへのリンク元をたどっていると2チャンネルでした。2chのページは書き込みが1000件になると、閲覧できないのでこちらのアーカイブサイトで御覧ください:米精神医学会の診断の手引が5月に改訂、『アスペルガー症候群』の分類が消える見通し。私がアップしたテストで出たアスペルガー指数を公開している方もいました。

アスペルガー診断テストを掲載した経緯

アスペルガー診断テストをアップしたのは数年前に友人から相談されたことがきっかけでした。彼女のお子さんは自閉症で特別支援学校へ通っているのですが、その子の従兄弟(友人の義理の甥)がアスペルガーではないのか気になっていました。その甥の親御さんは気づいたない様子でした。

私は以前ネットで見たWired.comというサイトのAQ Testを思い出しました。それの内容を日本語に訳して筆記式で診断できるアスペルガー診断テストのプリントを作って彼女に手渡しました。(現在その甥子さんは自立支援学校に通っているようです。)

このテストはかなり項目が多くて、日本語に訳すのが大変でした。日本人にわかりやすく言い換えるべきか悩みましたが、原文に忠実に訳すことにしました。自分でテストをしてみて、「正常値」だとわかった安心した反面、自分がアスペルガーだと知らないで毎日つらい生活をしている人も多いのだろうなと思い、ホームページにアップすることにしました。

プリント版の他にWired,comのようにネット上できるテストも必要だと思いましたが、こういうインタラクティブなページを作るにはCGIという物が必要です。ちょっと調べて見ましたが、私には習得が難しそうだったので、Wired.comのものを拝借することにしました。(すみません。)

二年前にアップした頃はあまりアクセスがなかったので、最近までアップしたことを忘れていましたが、今年の3月ぐらいになって突然が上昇しました。このホームページはほとんどアップデートしていないので、それまではアクセスが多くて30ぐらいでしたが、最近は平均500前後になっています。2ちゃんねるのアスペルガー板でリンクされたのがアクセス上昇のきっかけだと思います。やはり悩んでいる人が多いのですね。

昨日の爆発的なアクセス上昇のきっかけは掲示板で引用されていた朝日新聞のこの記事「消えるアスペルガー症候群 米診断手引19年ぶり改訂で」でしょう。(この記事は有料登録しないと全文は読めません。)私は英語のサイトを検索して同じテーマの記事を読んでみました:Guideline Changes Set Asperger's Community on Edge

いろいろ疑問が多いですが、私は概ねこの改定には賛成です。アスペルガー症候群と私の息子たちの自閉症とは明らかに症状、本人のニーズ、ケアの方法が違います。これを機会にテストの仕方も考えなおして、アスペルガーになりすまして、障害者手帳を取得するなどの不正を防いで欲しいです。

アスペルガー症候群人口は逸材の宝庫、レアアース的な存在

アスペルガー症候群の人たちは知的な能力が正常か、とても優れているので、本人や周りの人が障害に気づかずに大人になることが多いのです。勉強はできるのですが、人間関係が苦手、空気が読めない、不適切な発言をしてしまうなどの悩みを抱えています。いじめにあうことも多く、二次障害としてウツ病、引きこもりなどになり人も少なくありません。

アスペルガー症候群の人たちは優れた能力を持っていながら社会性が乏しいせいで、就職が困難な人が多いのです。彼らの持つ優れた記憶力、観察力、集中力、発想力などがフルに活用されていません。レアアースをたくさん所有していて、活用していないようなものです。

小学校でアスペルガー診断をして、診断された学童には社会性を育む教育必要です。彼らは勉強はできても、自閉症の児童と同じく社会的なサポートが必要です。そして、就職した際も、彼らの能力を最大限活用出来る環境を整えるほうが、障害者手帳を与えるよりも社会にとって有益だと思います。

アスペルガー診断テスト

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


テーマ:みんなに知ってもらいたい
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。