戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
自分の成功を想像すると意欲がなくなる ~ 「ザ・シークレット」は効果がないようですよ
2013年02月24日 (日) | 編集 |
以前「ザ・シークレット」という映画に関する記事を書きました。この映画やその元になった本を絶賛している人はまだまだいるようです。

昨日、私が毎日チェックしているCrackedというユーモア、社会風刺、情報、エロ(?)サイトに 5 Popular Self-Help Tips That Actually Hurt Your Career (逆効果の自己啓発アドバイストップ5)という記事を読んでいると、「ザ・シークレット」の秘密が効果がない理由が書いてありました。

自己啓発の本によく出てくるアドバイスを科学的に検証するという記事ですが、サブタイトルは次のとおりです。

5. 賢すぎる人はプレッシャーに弱い
4. 自分の成功を想像すると意欲がなくなる
3. 友たちに夢を語ると諦めが早くなる
2. 人の意見ばかり聞いていると、判断力が鈍る
1. 不道徳行為は近道ではない

「ザ・シークレット」は4.の記事に登場しました。少々わかりにくいかもしれませんが、日本語に訳してみましたので、お読み下さい。


逆効果の自己啓発方アドバイストップ5 by XJ Selman

#4.自分の成功を想像すると意欲がなくなる

たぶん「ザ・シークレット」という自己啓発本ことはご存知でしょう。読んでいないとしても、周りに誰かこの本を絶賛して止まない人が一人はいるはず。そういう輩とは付き合わない少数派の方にはネタバレになりますが、「強く思えば、希望が叶う」ということです。たとえば、ダイアモンドでできたヨットに乗っている自分を思い浮かべれば、宇宙がそれを叶えてくる、というもの。

そういうマジックめいたものが信じれなくても、なにげにいいアドバイスのような気がしますよね。目的意識がある人間はみんな「成功をイメージする」のではないでしょうか?四六時中、出世した自分や、すばらしい発明で大儲けた自分の暮らしを想像しているのではないでしょうか?そういうことが夢を実現する原動力になるのでは?

実はそうではないようです。科学的に実証されているのですが、このような想像をすることは逆効果なのです。

妄想だけではだめ
「えっ?だめなの?」

人間は妄想をするだけで満足してしまって、それを実現する意欲がなくります。これは求職活動をする時でも、好きな女の子を口説くこうとする時でも同じで、失敗して恥をかくより、妄想している方がましだと、人間の脳は思考する仕組みになっているのです。

ある実験で研究者が参加者にいろいろなシナリオで妄想するように指示しました。次に参加者の血圧を測定して、特定な作業をするために体内でどれだけのエネルギーを代謝されているか調べました。妄想が非現実的であればあるほど、エネルギーのレベルが低いということがわかりました。

心理的な要因だけではありません。自分がゴールを達成していることを想像すると、身体は「よし、これで休んでもいいんだ」と勘違いし、休息モードに入ってしまうのです。以前の研究で見られたことですが、成功を妄想する人ほど、求職活動をしない、給与が少ない、仕事のオファーが少ないという現象も説明がつきました。

これは普段の生活にも当てはまります。ダーツで負ける気がしない?そう思うだけで、結果が振るいません。テストで良い点をとると想像すると、きっと自分の名前さえ書き間違えます。研究者が怪我をした人に回復をイメージさせたところ、かえって治りが悪くなったという事例もあります。ポジティブな考えたはあなたを幸せにしてくるので、必ずしも悪いわけではあるません。但し、意欲を高める効果はありません。

THE SECRET [DVD]THE SECRET [DVD]
(2008/06/12)
ロンダ・バーン、ボブ・プロクター 他

商品詳細を見る


翻訳した記事の原文: 5 Popular Self-Help Tips That Actually Hurt Your Career by XJ Selman 

にほんブログ村 英語ブログ ネイティブスピーカーへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:みんなに知ってもらいたい
ジャンル:日記