戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
助けを求める勇気
2014年07月27日 (日) | 編集 |
140726_1.jpg

土曜日は自立支援施設のイベントに参加した長男。本人のリクエストで浴衣を着せました。下ろしたてで、一度もお洗濯していないので、ちょっとゴワゴワしていましたが、色が渋くていい感じでした。

140726_2.jpg   140626_3.jpg

私の手作りの巾着には携帯、おさいふ、ハンカチが入っています。帯もいい感じで結ぶことが出きました。

長男のことで悩んだ一ヶ月

この一ヶ月は長男の事を夫婦で考え、悩み、出した結論が「助けを求める」ことでした。最近切れやすくなった長男に対応するために週末などはストレスを感じるようになって、私たちができることには限界が来ているような気がしました。

私は少し休みたい、という気持ちがあったものの、今まで学校や前の職場、今の自立支援施設に行っている以外の時間が家で息子たちを見ていました。それが親の役目だと思っていました。主人もかなり無理をしている様子でした。

ここしばらくの長男のイライラやパニックに追われるいたので、自立支援施設に預かってもらうことにしました。(「日中一時支援」と言って、利用するには役所の福祉課で手続きが必要です。)残念ながら、その日長男と中の悪い利用者の方と一緒になって、小さなトラブルがありました。しかし、預かっていただいた時間に家の用事などを済ませることが出来ました。

友人に相談したところ、私の実家の近くに良い自立支援施設があると知り、見学に行きました。そちらにお試しで週末に預かっていただいたところ、長男は穏やかな時間を過ごすことが出来たので、時々利用することにしました。

その後、普段通っている施設ではショートステイの体験をしました。このサービスは短期入所と言って、緊急時のために去年手続きをしてありました。しかし、このサービスは「緊急時」だけではなく、親が就かれた時などにも利用していいと施設の相談員の方やスタッフの方に言われました。

長男がショートステイを初めて体験したのは、7月の2日でした。のびのびと楽しく過ごしたようです。我が家では数カ月ぶりにストレスのない、静かな夜を過ごすことが出来ました。夫婦ともども疲れきっていたことが実感できました。ゆっくり休んで、長男への対応を話し合い、今までの悪循環を改善する話し合いもできました。

親がゆとりがなかったせいで、あまり良い対応ができていなかったことは確かです。

今日は実家の近くの施設の方に11:00から5時まで長男を預かっていただきました。私はその間にお洗濯、食器洗い、お掃除など、分刻みで家事をこなしました。主人が長男を迎えに行って帰った時は家はリビングはピカピカ。主人がおみやげに買ってきたピザでお夕飯にしました。

長男のイライラやパニックはこの一ヶ月でかなり減りました。

これからも疲れた時は遠慮せずにショートステイや日中一時支援を利用しようと思います。

主人が厚生省が出している障害者自立支援法 知的障害者向けパンフを見つけてくれました。私達は外出の支援の利用も検討しています。

にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ
にほんブログ村

関連記事