戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
Facebook指導
2011年12月16日 (金) | 編集 |
Facebookやってます
Facebookもやってます


私はパートで英語講師をやっています。週2日、90分の授業を5コマです。

日本の英語教育は難しい単語の暗記、複雑な文法に力を入れている印象を受けます。私の務める教育施設に通う生徒さんたちは「関係代名詞」を分析できても、日常的な雑談を英語ですることはあまり出来ません。今まであまり実践的な英語を学んでいないようです。

私のように英語教育を受けた人間にとって若干不自然に思える「英検」の教材にでてくる英語は理解できても口語は得意ではありません。でも生徒たちが求めているのは難しい書物を読むことではなく、英語で日常会話することなのです。

それに気づいたのはある男子生徒が「先生、もっと喋る授業をして欲しい。」と言ったのがきっかけでした。

「喋り方」を教えるための資料はあまりなくて、自分で教材を作り始めて今に至ります。

生徒にインプット(入力)する授業は他のクラスで行われているので、私はもっぱらアウトプット(出力)させることに徹しています。英文日記の添削や生徒同士で行う話すドリルなどで、日常会話の指導をしています。

そういう取り組みの一環で始めたのがFacebook指導です。

希望する生徒のみですが、Facebook加入してもらいました。携帯電話で撮った写真をアップロードさせ、それに短いキャプション(コメント)を入れることを授業中にしています。生徒たちは自ら選んだ写真に言いたいことを英語で書きます。それぞれが学びたい表現をオーダーメードで教えることができます。お互いのが書いたキャプションを読んで、いろいろな表現を学ぶこともできます。

生徒達は在学中、米軍基地でのインターンシップや、海外ホームステイを経験します。そこで出会ったお友達とFacebookで交流することで、英語の勉強できます。

Facebookに加入させることで色々な危険も予想できますが、そういうことも随時指導しています。

思わぬ副産物もありました。Facebookを通して生徒同士の交流も深まっています。また、卒業生に現在の様子を容易に伝えることもできます。Facebookを通して私から一度に生徒に連絡を取ることも可能になりました。

安全で楽しいFacebook指導を続けていきたいと思います。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック