戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
粉せっけんで人生を変えよう!
2011年01月15日 (土) | 編集 |


サンエーV21は石けん製品の宝庫


昨夜は息子たちを連れて、嘉手納のカレーのココ一番で食事をしました。


帰りにロータリ近くのサンエーV21かでな食品店で買い物をしました。ここでも粉石けんを買えるかな、と洗剤コーナーへ行くとなんと今までに見たことのないほどのいろいろな石けん製品が揃っていました


洗濯用の粉石けんが数種類ありました。ジャスコ具志川店にはMiYOSHIしかなかったですが、サンエーV21ではシャボン玉せっけん、安心生活などいろいろなブランドの粉石けんがありました。今までホームセンターやダイレックスなどで粉石けんを探して彷徨っていましたが、こんなに近くに来れほどの品揃えがあるとは思ってもいませんでした。


もしかしたら、ボディーシャンプーもあるかと思って見てみると、ボディーシャンプーの他にも固形石鹸、シャンプー、リンスなどバラエティー豊富でした。石けんライフを始めたいのなら、サンエーへ走れ!


昨日はシャボン玉EMボディーソープMiYOSHIのなの花台所せっけんを買いました。両方共まだ使っていません。感想はまた後ほど。


これでかゆみやチクチクから完全に開放されるのでしょうか?楽しみです。


石けんに関する誤解


昨日知人に石けんで洗濯をしてたら、なんだか話が噛み合いません。彼女は粉石けんと聞いて、粉末の合成洗剤の話をしていると勘違いしていました。私が液体洗剤から粉末の洗剤に切り替えていただけだと思ったようです。


石けんと洗剤は成分が違います。テレビで宣伝している、ライオン、P&G、花王などの製品は殆ど(全部?)が石油ベースの合成洗剤です。箱に入っている粉状のものも洗剤です。洗剤は石けんに比べて、とても早く水に溶けます。洗剤で洗った衣類はゴワゴワするので柔軟剤が必要です。あまり環境には優しく無いし、私のように肌が敏感な人を洗剤で洗った服を着ると痒くなります。


粉石けんは動物や植物由来の油が主成分です。洗濯機に投入しても簡単には溶けません。私は予めボウルに入れて、お湯を加えて泡だて器で混ぜています。水をはった洗濯機にいれてかくはんすると、真っ白い泡が立ちます。というか、泡立てないと、お洗濯物がきれいに洗えません。粉石けんで洗った服には柔軟剤が必要ありません。


私は物心付いた頃からかゆみに悩ませてれていました。皮膚科で診てもらっても、異常なしと言われていました。肌が乾燥する季節はとくに痒さがひどくなっていましが、かゆみ止め軟膏を塗ることしかできませんでした。ふとしたことで粉石けんの試した時にかゆみの原因が合成洗剤だったことを知りました。


我が家では敏感肌なのは私と長男です。長男は時々かゆみで目が覚めたりして、夜中に痒いから背中に軟膏を塗って欲しいと言うことがありました。粉石けんで洗濯を始めてからは、かゆみを訴えることがなくなりました。


ちょっとめんどくさい粉石けんですが、かゆみから開放されると思うと手間が気になりません。敏感肌の皆様、ぜひお試しください。




シャボン玉 EM ボディソープ 600mlシャボン玉 EM ボディソープ 600ml
(2005/08/01)
シャボン玉石けん

商品詳細を見る



なの花せっけん  本体450MLなの花せっけん 本体450ML
()
ミヨシ石鹸

商品詳細を見る

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:いいもの見つけた!
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック