戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
貧乏人の心理 ~ 河本準一さんのお母様のこころ
2012年05月29日 (火) | 編集 |
私の母の場合

私は子供の頃、とても貧乏でした。私の通っていたインターナショナルスクールに通う生徒は大企業の社長の子から、私の家族のように貧乏外国人の子供という具合に大きな格差がありました。私の母は妹のクラスメートに家でメードをしていたことがあります。

母は貧しい中、誰の助けも借りず一人て私達を育ててくれました。ですから私達3姉妹はとても母に感謝しています。大人になったら恩返しをしようと各々思ったものです。

しかし最近の母は、「あんたたちを育ててやった」という態度はありません。若くて勢いがあった頃はそういう憎まれ口を言うことはありましたが。

母の日に花束と小包を贈りました。中身は乾燥肌のためのクリーム、使い捨てのアイマスク、お風呂後に肌に付けるローションなど。高価なものは何も入っていません。母の日の前日に母から電話がありました。「あんな良い物ありがとう。いつも申し訳ないね。」と、とても恐縮していました。

時々、母の通院のために読谷村から宜野湾市まで車で迎えに行くと、「遠くからよく来てくれたね。私のために難儀させたね。」と母は病院に着くまで何度もお礼を言います。私は母の役に立って嬉しく思っているのに。

最近、母は私達に対して「育ててやった」という気持ちはあまりなく、どちらかと言うと、「貧しい思いをさせた。寂しい思いをさせた。」と感じているように見えるのです。

母は近所のシングルマザーの方たちのように水商売をして夜に働きに出たらも、もっとたくさんお金を儲けることができたのでしょう。でも母は、昼間働いて、夜は私達と一緒にいることを選んでくれました。若いころはダンスクラブに通ったりしていたようで、そういう華やかな世界を知っているにもかかわらずです。

それなのに、いつでも私達に遠慮をします。

河本さんのお母様

ここからはあまりワイドショーなどを見ない、週刊誌っぽい記事も読まない私の勝手な想像を書きます。

お母様がが生活保護を受けているということで、河本さんは悪者にされているようです。先程、河本さんのな前の漢字を確認するために検索したら、ふてぶてしそうに見える写真が並んでいました。YahooやGoogleニュースの見出ししか見たことがないので詳しいことは知りません。また、テレビは河本さんが映ると消しています。

河本さんはお母様のことを日頃笑いのネタにしていて、とてもユニークで面白い方だと聞いています。苦労をしながら、頑張って育児をされてきた思います。

芸能人の親は二種類いるように見えます。一方は鈴木亜美さんの親御さんのように娘を金づるだと思うタイプ。ご両親は彼女が次々とヒットを出していた時に事務所(レコード会社?)をやめさせました。「あれほどのヒットがあるのなら、もっと儲けるいるはずだ」と思っていたのでしょう。実はヒットを出すにはCDの製作費、宣伝費、衣装代などいろいろな費用がかかっています。それを知ってか知らずか、ご両親は鈴木亜美さんをやめさせ、結果的には彼女の芸能界での活動を中断させる結果になり、好きな音楽を一時的に諦めることになりました。あの中断がなければ、今では安室奈美恵と方を並べていたでしょう。(当時はワイドショウを見ていたので詳しいです。)

もう一方は、河本準一さんのお母様のような人です。「子供ががんばって稼いたお金をもらうのは申し訳ない。今までいろいろと援助してくれだので、これ以上は迷惑を掛けたくない。」と思って、生活保護をもらうことにしたのでしょう。良かれと思ってしたことが、こういうバッシングにつながるとは想像もつかなかったでしょう。

鈴木亜美さんの親御さんなら、少しでも生活が苦しくなれば「もっと金をよこせ!」とちゃんと要求して、こんなことにはならなかったのだと思います。(すみません。想像で書いています。)

河本さんのお母様の心理は本当の貧乏をしたことがある人にしかわからないと思います。

河本さんもお母様の「貧しさ」の被害者なのです。子供に迷惑をかけずに、自分でどうにかしたったのでしょうね。だから相談しなかったのでしょうね。

河本さんは、お母様が困っていると知っていたら必ず援助をしていたと思います。家族同士で遠慮しすぎて起きた悲劇だと思います。

極貧の生活をしたことがない人には分かったもらえないのでしょうね。これからも河本さんは、先日発覚したキングコングの梶原さんも、バッシングされるのでしょうね。

一日も早くバッシングが終わることを祈っている元貧乏人です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:伝えたいこと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック