戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
お帰り、iPod Touch 2G
2012年07月14日 (土) | 編集 |
電池交換後、帰ってきたiPod touch 第2世代
無事に帰ってきたiPod Touch 2G

まずこの記事をお読みください。
そのiPod touchの電池交換ちょっと待った!

7月8日(日)に電池交換のために、SMART横浜店へ送ってあったiPod Touchが昨日帰って来ました。本土であれば3日で帰ってくるらしいのですが、やはり離島である沖縄へは少し時間がかかりました。

SMARTからは2回電話がありました。一度目7月9日の昼頃にiPod Touchが届きましたという連絡。2度目は12日に電池交換が完了して今から送るので、次の日受け取るときに4,800円支払ってくださいという連絡でした。

iPod Touchは13日の2時半ごろに届きました。右下の写真で、もっこもこのエアクッションに入ったiPof Touchがご覧いただけますでしょうか。私は機械に向かって「おかえり」と呟いてしまいました。

SMARTから届いた小包 専用のエアークッションに入ったiPod Touch

さて、気になるのが電池のパワー。

少しだけ充電されていたので、まずそれは放電させてから、15:00頃にフルに充電しました。その後、wi-fiをonにして電力が減って自動シャットオフするまでどれくらいかかるのか確認してみました。

フルに充電したiPod Touch 電池切れ寸前のiPod Touch
フルに充電したバッテリーは24時間後15%残っていました

左は13日の17:18、右は翌日14日の17:18の電池の残量です。24時間で85%なくなっていました。その12分後の17:30に電池の残量が15%を切ったので自動でシャットオフしまいた。一度の充電は24時間弱持ったわけです。

修理に出す前はフルに充電しても4、5時間で電力がなくなっていました。それに比べたら、かなりいいですよね。

満足です。

このiPod Touchを購入したのは2007年。電池が5年間持ったと捉えることにしました。

次のバージョンのiPod Touchが出るまで、大切に使おうと思います。

ちなみに、電池の残量を表示してくれるアプリはバッテリーHDです。

関連記事:iPod Touch 2Gを電池交換に出しました

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック