戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウツ病の通院をやめようかと
2012年07月19日 (木) | 編集 |
自立支援医療受給者証、保険証、診察券
ウツ病患者の三種の神器、自立支援医療受給者証、保険証、診察券

私がウツ病の治療のために通院をはじめたのは14年ぐらい前です。

毎日死にたいと思いながら、月に一度の定期通院を目指して毎日頑張っていました。

真っ暗な闇の中を手探りで歩いている感じで希望など見えませんでした。一日の大半をベッドの中で過ごしていました。料理の献立が考えられなくなり、家事の手順もわからなくなりました。

そんなある日「英検を受験しろ!」という司令が頭の中で聞こえ、なかなか消えないので仕方なく受験して、英検一級を習得しまいた。それがきっかけて、主人の知り合いが務めている教育施設で働くことになったことを機にウツは飛躍的に良くなっていきまいsた。

しかし、職場で元気でも家に帰るとゾンビになったりしました。

徐々にできる家事が増えてきて、最近ではゾンビになることは全くなくなりました。

2,3年前から、もう通院はやめたいな、と思っていました。

先月、私は定期通院の日に病院へ行くのを忘れてしまいました。お薬が残っていたので、なくなってから予約を取ろうと思いました。しかし、お薬が全部なくなっても予約を取る気になりません。そうしてずるずるとお薬がなくなって一ヶ月になりました。

心と体に変化が現れました。

まず、お薬をやめたお陰であまりお腹が減らなくなりました。今までは朝食を摂らないと、とてもイライラして、具合が悪くなりましたが、最近は久しぶりに「食欲が無い」という感覚がありました。若いころ、私はとても食が細くて痩せていました。お薬をやめてから体重が1キロ近く減りました。

喉がかわかなくなりました。授業の間、のどが渇いて、口の中がパサパサになるので、いつもルイボスティーを飲みながら行なっていました。一日でペットボトル2本飲むこともありました。最近は2コマの授業でも、ペットボトルのお茶が残ってしまいます。

心にも変化がありました。私が飲んでいたのは微量な抗鬱剤でしたが、いつもなんとなくボーっとしていて、リアルな感情にオブラートがかかっているようでした。今はストレートに喜怒哀楽を感じられるようになりました。今までは怒り、不安、焦りなどは自分の感情ではなく、人事な感じでした。最初はとまどいましたが、ネガティブな感情を乗り越えた時の気持ちがとてもいいので、抗鬱剤は必要ないと感じました。

主人にも相談して、病院に「もう通院をやめます」と電話を入れました。

私は自立支援医療制度利用していて、通院費とお薬代が無料です。やめるにあたって、手続きが必要かなと電話を入れましたが、代わる代わる4人の方に電話を回されました。

通院をやめる、と連絡する人は少ないのか、皆さん黙ってやめているのでしょうか。対応の仕方が決まっていないようで同じ話を4度しました。

結局一度病院へ行って主治医と話して欲しいとのことでした。

それは予想していたので、来週予約を取りました。

その時の報告は後ほど。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:ウツ病主婦の日常
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
Re: No title
> 運動はお勧めですよ。ぜひぜひ実行してください。一日10分でもいいから歩いてみてください。
>
> 仕事は正直言って充実してはいません。後ほど記事にしますね。でも苦手だった家事を徐々に克服できています。
2012/07/22(Sun) 16:47 | URL  | Ms. Myrna #-[ 編集]
No title
 お仕事、とても充実されていたんですね!
この前、心理士の方と話する機会があったのですが、終始運動することを勧められましたので、私も歩き始めています
2012/07/19(Thu) 23:09 | URL  | インク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。