戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後(?)のウツ病の通院へ行って来ました
2012年07月23日 (月) | 編集 |
最後の通院の日の診察券


今日精神科へ最後のウツの通院へ行って来ました。

先生の耳にはもう私が通院を辞めたいという話は入っていました。私は以前の記事の話をとても早口でしました。

どちらかというと通院をやめる理由の報告という感じでした。

先生は私より一回り以上年下に見える方でいつも私の話を「ほー」「ふんふん」「なるほど」という風にのほほん聞きます。

飲んでいたお薬が本当にわずかでしたが、やめることによって悪影響はないか訪ねました。それはないとのこと。

最後に先生は「わかりました。何かあったらいつでも来てください。」とおっしゃって、私は診察室を出ました。

出た後に気づいたのですが、「お世話になりました。」ということを忘れていました。

受付へ行って、しばらくして名前が呼ばれて、診察券を渡されました。

診察券は白い部分が多くて「診察予定はありません。」と印字されていました。もちろんお薬の処方箋もありません。

これで14年間続いた通院は終わりました。

また戻ることがないようにしたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:ウツ病主婦の日常
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
確かに長かったです
ありがとうございます。

本当は先生に「ウツ病は完治したので、治療を終わります。」という言葉を待っていたのですが、それは無さそうだったので、自分の判断で治療を辞めたいと言いました。

先生が「もう少し通院した方がいい」とおっしゃれば思いとどまるつもりでしたが、そういうことはなかったので、よしとします。

心理士の先生との面談を持つことは、一人で耐えるよりもずっといいと思います。
2012/07/24(Tue) 10:27 | URL  | Ms. Myrna #-[ 編集]
長い間大変でしたね。。。
お疲れ様でした。私は最近、塞ぎ込みがちなので、心理士の方と面談する機会を持つ様にしてます
2012/07/23(Mon) 22:18 | URL  | インク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。