戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
卍ラインのライブにORANGE RANGEのRYO登場
2012年10月06日 (土) | 編集 |
卍ライン、嘉手納での野外ライブ
卍ラインライブ、右のほうで歌っているのがORANGE RANGE のRYO


昨夜、ネーブルカデナで行われた仮設の課外ステージで行われたSound of Kadeenaというライブに参戦ました。

夕飯を作り終えて、読谷の自宅から嘉手納まで徒歩でいったので、最後の4,5曲しか聞くことができませんでした。

卍ラインこと、窪塚洋介さんは想像とは違いとてもフレンドリーな人で、MCでも期待していた突飛なトークはありませんでした。ステージはとてもシンプル。横断幕が一枚と、DJ卓があるだけ。スタッフらしい人も見受けられなかったので、観客は写真をとり放題。

沖縄のレゲーのアーティスト(レンジのアルバムに参加したGod Makingなど)はこてこてのジャマイカ訛りで歌う人がいますが、卍ラインはメロディーをキレイな日本語の歌詞を優しい声歌いました。歌詞はポジティブで温かいものばかり。

今まで聴いたことのある攻撃的なレゲーではありませんでした。

数年前、俳優をやめて、レゲーシンガーになるという窪塚さんの記者会見の様子をテレビ見ましたが、とてもアグレッシブでアンニュイな言葉遣いな言葉遣いで¥だったので、「なんだこいつ」と思ったことを覚えています。

その印象が強かったので、もっとワイルドなライブを予想していました。

でもどちらかと言うと、レンジのような明るく前向きになるライブでした。

さて、歩きだし、帰りが遅くならないよう、家路に向かおうとすると、「最後にRYOとMOOMINにもう一度登場してもらいましょう」みたいなMCが聞こえてきました。

あわててステージ脇に戻るとRYOが私の目の前、2メートルぐらいのところにいました。

DJの演奏はリズム中心になり、どんなメロディーでも歌えるようになっていて、出演者3人は交代で思い思いの曲を歌いました。MOOMINさんは「サザエさん」、「上を向いたあるこう」、卍ラインはオリジナル曲、RYOは「落陽」「ツイスター」「キズナ」の自分のパートを歌ってくれました。途中でとても乗りにくいカチャーシーもありました。

RYOは終始笑顔。観客がつれている子供を抱き上げたり、嘉手納って言葉が出ると後ろのNAVEL KADENAの看板を指さしたり、観客に手を振ったり、優しい気遣いを見せてくれました。

フィナーレが終わった時に帰ることしましたが、DJの演奏は続いていました。

窪塚さんは沖縄に移住されたのでしょうか?「俺、ここの近くなんでまたここでライブしていいですか?」って言ってました。

昼間、買い物に行った時に撮った仮設ステージの様子
昼間、買い物に行った時に撮った仮設ステージの写真

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック