戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
今回の旅で学んだこと、反省点
2013年03月28日 (木) | 編集 |
tokyo_3.jpg
渋谷ハチ公前の桜

旅の目的

3月20と21日の2日間、私は一人で東京へ行きました。目的は大好きなORANGE RANGEの東京でのライブを見に行くためでした。場所は渋谷のQUATTROというライブハウスです。ORANGE RANGEは沖縄在住なのになぜわざわざ東京へ行かなければならないのかと疑問に思う人もいました。英語講師をがんばった自分へのご褒美、リフレッシュのため、特別なライブだった、といろいろな理由があります。ファンクラブのサイトでこのライブの告知が会った時にもう行くことは決めていました。

ホテルからライブ会場へ行く前に新しい友人と待ち合わせをしました。mixiで知り合った年の近い女性で同じレンジファン。mixiでは何度かやり取りをしましたが、お会いするのは初めて。ドキドキして駅に行くと彼女から声をかけてくれ、すぐに意気投合しました。チケットの番号が違うので、一緒にライブを見ることはできませんでしたが、ライブ会場まで案内してくれたり、ちょっとお茶したり、一緒に並んで楽しい時間を過ごしました。

一人で旅をする良さというものを実感する旅でした。家にいればいつでも主婦として母親として、24時間「待機」している状態です。たまにこういった一人旅に出ると、自分のしたい事を思いっきりできるし、誰のお世話をしなくてもいいのです。たまにこういうわがままをやらせていただいたお陰で、障害者の母としてやっていけたと思います。

ライブ会場では前の方でもみくちゃになりながら、好きな音楽を楽しむことができ、最高な現実逃避でした。

tokyo_1.jpg

空港への移動

出発の朝、私は那覇空港へバスで行くことにしました。7時半頃に主人に嘉手納町水釜のバス停まで送ってもらったら、7:35ぐらいに120番空港行きの名護線のバスがやって来ました。バスは混雑に巻き込まれることも無く、8:55には空港へ到着。おみやげを買ったり、お化粧をしたりと、もたもたしていると、空港で務める妹から電話。私は時間のゆとりがあると思っていましたが、妹としては、まだチェックインをしていないことを心配していました。ドタバタとチェックインを済ませた時にはギリギリの時間でした。

ここで学んだのは、30分前までには搭乗ロビーへ入るということ。その後でもおみやげを買ったり、お化粧をすることができると知りました。

バスで行く利点は、車を駐車する手間が省けるし、出発ロビーで下ろしてくれるので便利なところです。嘉手納からのバス代は930円でした。数人で行くと割高になりますが、一人旅ならちょうどいいと思います。

tokyo_8.jpg
指で抑えて見えませんがこの切符の日付が3.21で時間が12:34でした

都内での移動

旅慣れていない沖縄県民にとっては電車の移動は驚異的です。沖縄にモノレールがあるにはあるのですが、中部に住んでいる人にとっては無縁ですし、利用しても電車の乗り換えの学習はできません。

今回の電車での移動は思いの外スムーズでした。予めYahoo!路線情報で空港からホテルがある三軒茶屋までの乗り換え情報をプリントアウトしてあったので助かりました。何番線に乗ればいいかも書いてあるので、安心でした。分からないことは駅員、駅のお店の店員さんなどに教えてもらいながら、チェックインの時間前に三軒茶屋へ到着。カフェでコーヒーを飲む時間もありました。

徒歩での移動はiPod touch のGoogle Mapアプリに誘導してもらいました。「現在地」と「目的地」でルート検索をすると、地図だけではなく、進行方向を文字と矢印で示してくれるので、方向音痴な私は大助かりでした。

車の運転もそうですが、旅をするのも「ナビ」を使えば、方向音痴でも大丈夫です。

tokyo_4.jpg
ホテルでの朝食はコンビニで買った物

忘れ物注意

忘れてしまって、困ったものがたくさんありました。

まずは充電用のUSBコードです。コンセントにつなげるアダプターの部分は持っていたのですが、ミニUSBコードを忘れたので、電池で充電するしかありませんでした。滞在中に千円文ぐらいの電池を買いました。でも持っていた電池式充電器は一個だけだったので、インターネットを見るためのルーターとiPod touchを同時に充電できなくて、仕方なくもう一個電池式充電器を書いました。この2つでどうにか空港までの道のりを調べることが出来ました。

もう一つの失敗はホテルから空港までの路線情報をプリントアウトしていなかったことです。私は行きと同じでいいと思っていましたが、帰りは路線は一緒でも乗り込むホームが違います。移動はGoogle Mapを使ったのですが、これにはどのホームで乗り込むか書いていないので、いちいち人に尋ねるはめになりました。

途中でGoogle MapからYahoo!乗り換えアプリに切り替えればよかったのですが、慌てていたので、そこまで気が回りませんでした。

化粧品や靴下なども買い足しました。これも前日で荷造りをしていれば防げたこと。

tokyo_6.jpg  tokyo_7.jpg
東京で出会ったステキなお友達、三軒茶屋のキャロットタワーからの眺め

次の日の過ごし方

二日目の朝、コンビニに朝食と充電器を買いに行こうと部屋を出ると、部屋を掃除する方が「チェックアウトですか?」と声をかけて来ました。まだ9時だし、チェックアウトの11時まではゆとりがあると思っていたので、私は少し慌ててしまいました。その方の声が外国の方だとわかりました。英語で声をかけてみると私の父の国の方だとわかりました。

彼女に空港へ行くまで時間を潰せる場所がないか聞いてみました。私はコンサートへ行くこと以外は何も考えていなかったし、それほど時間があるわけではないので、遠出は無理そうだと思いました。彼女はホテルの近くのキャロットビルという複合ビルを薦めてくれました。彼女は「もうすぐ仕事が上がるからお茶しない?」と言ってくれました。

私はビルの中のお店を覗いたり、フットマッサージを受けたり、最上階で景色を眺めながら過ごしました。彼女と落ち合って近くのマクドナルドへ行き、なんと飲み物までごちそうしてくれました。とてもステキな出会いでした。

次の旅では、二日目の過ごし方も計画しなければならないと反省しました。せっかく高い飛行機代を出して本土まで行くのだから、滞在中の観光も考えておくべきです。がんばれば、スカイツリーを見に行くこともできましたが、そこまで頑張りたくはありませんでした。沖縄で見られないものを少し覗ければいいかな、と思っています。

tokyo_5.jpg

自分で印刷する航空券

この旅はホテル付きパックをインターネットで申し込み、ネットのページを印刷した物が航空券代わりでした。私は心配だったので、2枚印刷して別々に持っていましたが、2枚目が必要になることはありませんでした。

チケットのように小さくないので、失くす心配もないし、何度も取り出してはフライトの時間を確認することができて安心でした。

また来年も一人旅をします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


関連記事
テーマ:行ってきました!
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック