戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティーキャンドル作りをしました(家事をサボって)
2013年04月05日 (金) | 編集 |
早速できたてのティーキャンドルをディフューザーへ
作ったばかりのティキャンドルに火を灯した

家事をサボった理由

昨日はまずまずの天気だったおかげもあって、たくさんの家事をすることができました。天気予報では「午後から小雨が降る」と出ていたのですが、結局5時頃まで晴れていたので、お洗濯もできたし、リビングの片付けも捗り、食器洗い、夕食作りも早めに完了して、充実感の一日でした。

今朝は、朝からどんより曇っていて、気温も心なしか低め。私は朝からやる気が出ません。今までなら、罪悪感に苛まれながら、家事ができないことに苦しんでいました。しかし、この頃は時にはサボッてもいいだろう、と思えるようになりました。

気晴らしにキャンドル作りをしました。今日作ったのはアロマオイルディフューザー用のティーキャンドルです。私は毎日家事を始める前にお気に入りのディフューザーのキャンドルに火をつけることで始まります。

実はティーキャンドルは15個ぐらいを100円で買えるので、決して高いものではないのですが、作る工程が楽しくて癒されるのです。以前から時々作っていたので、材料や道具はバスケットの中に揃っているので、いつでも始められるます。

実際のキャンドル作り

キャンドル作りに必要なのは、ロウ、座金、芯、ティーキャンドルの容器です。ロウはダイソウで買ったキャンドルのものを使います。座金と芯は以前手作りしたものが残っていました。容器は使用済みのティーキャンドルの容器を再利用。

手作りの座金
ろうそくの芯も座金も手作り

座金の作り方は読谷村のtortona(トルトーナ)という「ジェリーキャンドル工房雑貨&Cafe」の方に教えて頂きました。キャンドル作りを始めた去年の末に電話で座金を販売していないか問い合わせたところ、販売はしていないけど、自分で作ってはどうかといって、作り方を教えてくれました。アルミワイヤーをくるくると巻いて、そこに芯を差し込めばいいということでした。ダイソウで売っている「アルミ自在ワイヤー」を一袋買えばたくさん作れます。


芯は家にあった、お肉を巻くための糸で作りました。15cmくらいに切って、溶けたロウにお箸でつまんでつけます。数回漬け込むと扱いやすい太さになります。

おろし金で大きなろうそくを細かくする 細かくしたろうを湯煎にかけて溶かす
ロウをおろし金で細かくしてから湯煎にかける

ロウは家にあるキャンドルをおろし金で細かくします。ミルクパンにお湯を沸騰させて、ガラスの計量カップに入れたロウを溶かします。最初はロウを細かく刻んでいたのですが、それだと溶かすのに時間がかかるので、おろし金を使うことにしました。

ろうそく作りの材料はほとんどダイソウで揃えました
材料はほとんどダイソウで揃えました

ティーキャンドルの容器の中心に芯をセットして、ゆっくりと溶けたロウを注ぎ込みます。固まるのを待てば、出来上がり。

15個のティーキャンドルができました
今日作ったキャンドル

ロウが少なかったので、今日は15個しか作れませんでしたが、こういうまったりとした作業をしたことで心が癒されました。そろそろ中断した台所仕事を始めましょうか。

追記(2013年4月14日)

ロウを流しこむ時に、芯がずれてしまうことがあります。爪楊枝と輪ゴムでクリップを作り、芯を挟んで、容器に乗せれば固定出来ます。

キャンドル作りの時、芯を固定する方法

大きなキャンドルを作るときには、割り箸やクリップを使うといいでしょう。

ロウは固まると少し縮むので、後からロウを追加します。

固まると縮むので、ロウを追加する

キャンドルの作り方はこの本で学びました。スターターキットも付いているので、すぐに初められます。:


手づくりキャンドルキット (学研ムック)手づくりキャンドルキット (学研ムック)
(2011/12/02)
科学編集室

商品詳細を見る


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。