戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不愉快なNTTフレッツ光の営業マン
2013年04月06日 (土) | 編集 |
ノンスタイルの井上さん風なNTTフレッツの営業マンが来ました)
イメージです。本人ではありません。

今日NTTの若い営業マンが光もっともっと割引の宣伝に来ていました。フレッツに加入している世帯の料金が割引になるという悪く無い話でした。

もしかして、最近読谷でも利用できるようになったauひかりちゅらを牽制(けんせい)しているのかなと思いつつ、質問をしようとしたら、営業マンが「先輩とこの辺を回っているんです」ともう一人の営業マンを紹介しました。

若い方が敬語だったのに、先輩の方はいきなりタメ口で「フレッツに加入しているの?」と私に訪ねました。

私:「はい」
先輩営業マン:「ほう。最近からかな?」
私:「もう随分前からですね。」
先輩:「ふーん、何年ぐらい?」(タメ口が続く)
私:「もう結構前から。いつからかは忘れたけど。」(正解は6年前から
先輩:(CSアンテナに気づき)「スカパーもまだ使っているの?」
私:「はい、利用しています。」
先輩:「だったら、光にしたらもっと安くなるよ。」

私は次第に自分の表情が硬くなっていくのを感じました。

割引に関しては興味があったのですが、この先輩営業マンの話し方にが気になって聞く気になりませんでした。

若い方の営業マンは私の苛立ちに気がついたようで、「たぶん千円ぐらいはお安くなるので、116まで電話でお問い合わせてください。」と見積もり書のような紙にフリーダイアルの番号を書いて手渡しました。

先輩営業マンは「スカパーのことも聞いてみるといいよ。」と最後までお友達感覚でした。彼はオードリーの春日や、狩野英孝、ノンスタイルの井上(アシメっているほう)のような勘違いキャラなのかもしれません。

白髪の私をあまり不安にさせないように、フレンドリーに声をかけたつもりなのでしょう。

しかし、見た目が年配者だからと言って、必ずしもコンピューターのことがわからないとは限りません。若い方の営業マンは私が少しはわかっていると気づいてくれたようで、あまり見下した話し方はしなかったのに、先輩の方は全く空気が読めませんでした。

でも営業の人ってあまり空気を読めるとやっていけないのかもしれません。

しかし、もっともっと割引は良さそうなので、申し込みますが、なんか悔しい気持ちが否めません。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。