戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
引き出しをぴったりと仕切る箱を作る
2013年04月18日 (木) | 編集 |
この間、100円で15個買えるティーキャンドルをわざわざ手作りするという私の趣味を紹介しまたが、今回は引き出しの仕切り箱作りの様子をお届けします。

引き出しを仕切らないと整理が大変 引き出しを小さな箱で仕切るのが好きです 
 引き出しでごちゃごちゃになっているお薬と、仕切り箱で見やすくなったお薬


私はファイルをしたり、ものを整理するのはもともと好きでしたがウツでできなくなっていました。今はお掃除の合間にちまちま引出しを仕切る箱を作っています。右の写真のように引出しの中が整然としていると気持ちがいいですよね。

引出しを仕切るための箱は市販されていますが、手作りだと、隙間なく仕切ることが出きて気持ちがいいのです。

用意する物は:
  • 厚紙。ダイソウで売っています。ダンボール箱を再利用することもできます。
  • セロテープ。仮止め用。
  • マスキングテープ。普通の黄色いものでもいいし、おしゃれなものでもいいです
  • ハサミ。
  • カッターナイフ。
  • 定規

1. まず、引出しに入れたいものを並べて、一つ目の箱の大きさを決めます。引出しの大きさを測ります。仕上がりの大きさは隙間より5~10mm小さく設定します。

箱を一個ずつ作っては、開いているスペースを測りなおして、次の箱の大きさを決めていきます。

引き出しの中に入れたいものを並べて、仕切り箱の大きさを決める
定規で引出しの内側の大きさを測る

2. 一つ目の箱の図面を鉛筆で引きます。のりしろは必要ありません。

箱の設計図

2. ハサミの先を使って、厚紙に折り目をつけます。

ハサミの先を押し付けて箱に折り目を付ける

4. カッターナイフで角を四角く切り取ります。

箱の角を四角く切り取る

5. 折り目にそって、厚紙に折ります。

折り目にそって折る

6. 箱の角をセロテープで仮止めします。直接マスキングテープを貼るとずれたりするので。(ちょっと大きく切りすぎました。)

セロテープで仮止め

7. 仮止めした箱を引き出しに入れて、収まり具合を確認したり、残りのスペースを測って次の箱の大きさを決めます。

セロテープで仮止めした箱


8. 仕上げにマスキングテープを貼ります。マスキングテープは薄いですが、とても丈夫です。

マスキングテープを箱に貼り付ける

9. 一個目の箱の出来上がり。

箱の出来上がり



箱は一個ずつ作るのが鉄則。最初で全部の箱の大きさを決めて、作っても思い通りに収まらないことが多いです。箱が完成する度に、引出しに入れてみて、余ったスペースを測って次の箱を作るという作業を繰り返します。

4個の箱が出来上がるまで、1時間はかかりました。音楽を聴きながら、まったりとした時間を過ごし、終わった頃には達成感と共に、気分がとても落ち着いていることを実感しました。

boxmaking (11)

関連記事:引き出しを4段全て仕切りました

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック