戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハワイ料理デビュー ~ ONO KAU KAU
2013年07月15日 (月) | 編集 |
130715_onokaukau(6).jpg
昭和の香りが一杯の店内

お友達とバークレーカイロでマッサージをしてもらってから、2人でハワイ料理を食べに行きました。ハワイ料理は名前はなんとなく知っていましたが実際に食べたのは初めて。

北谷町砂辺にあるONO KAU KAUというお店です。外観はもともと日本食のお店だった店舗を改装した印象でした。ドアを開けると屋外っぽい(でも屋内)のお食事エリアがあり、もう一つのドアから店内に入ります。中に入ると受付みたいな場所に白髪の上品な女性がスタンバイしていました。

このお店は珍しい注文のシステムでした。入り口に貼ってある写真から料理を注文して、先に会計を済ませてから入店します。支払いが済むと、テーブル番号が書いた札を渡されて、好きな席に腰掛けます。

fr_688_size640.jpg
Mahaloは「ありがとう」という意味らしいです

店内は昭和の雰囲気。照明にはフラダンサーが履いているような腰ミノ風カバーがかかっていたり、ハワイみやげみたいな装飾品が飾られています。最近沖縄にはコジャレたお店が増えているので、このお店は一周して新鮮にさえ感じました。

130715_onokaukau(3).jpg

友人は以前こちらでお食事をしたことがあって、ちょっと味が濃いと言っていました。私は注文の時に高血圧なので、塩は控えめにしてほしいとお願いしました。出てきた料理は私にとって調度良い塩加減でした。

fr_686_size880.jpg

友達はカルアピッグとゴーヤの炒めもの。カルアピッグのカルアはカルアミルクとは全く関係ないようです。ちょっと味見したところ、米麹で調理した豚肉に似ているような気がします。

fr_689_size880.jpg
料理に添えられたバナナの葉がトロピカル

私は上のランチプレートにしました。左から、ロミ・サーモン、ラウラウ(タロイモに包んで調理された豚肉とお魚)、ソイジンジャーチキン(お醤油としょうが味のチキン)。

友人はハワイ出身の友達にこのお店を紹介されたそうです。彼女も数年間ハワイに住んでいました。こちらの料理は本場の味だと言っていました。

初めて食べたのになんだか懐かしい味でした。ONO KAU KAUというのはハワイのことばで「美味しい料理」。看板に偽りはありません。

また行きたいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:今日のランチ!
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。