戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
「指先を切って血が沢山出たーーー!」 ~ 家できる応急処置
2013年08月15日 (木) | 編集 |
怪我をして、3日目
応急処置三日目の右手薬指の指先

合わせて読もう!
150903 (2)
実録!指を切って血がたくさん出たぁぁぁぁ!


毎週月曜日は前の職場の卒業生数名に英語を教えています。家が片付いていないので、待ち合わせ場所のマクドナルドで行うことにしました。

大慌てで夕飯を作っているときに、事故発生。フライの付け合せのキャベツの線切りを作るためにスライサーを使っら、指を滑らせて指先に痛みを感じました。

犯人はこいつ
便利なスライサー

恐る恐る左手、薬指の先を見ると、ぺろっと5ミリぐらい皮膚がめくれて、出血していました。私は高血圧なので、出血の勢いがすごいため、泣きそうでした。

流水で傷口を洗って、キッチンペーパーで巻きました。右手の親指で傷口を押さえて、止血を試みましたが、一向に止まりません。

実は、以前にも同じようにスライサーで怪我をしました。その時は近くの病院の救急で傷口を縫ってもらいました。しかし会計が開いていない時間帯なので、後日会計に足を運ばなければならないし、ちょっと面倒に思えました。

とりあえずネットで止血の方法を検索してみたら、すぐに見つかりました。スライサーで切りましたが、食洗機から出したばはりで、野菜を切るためにしか使っていないので、包丁で切った時の処置をしました。

救急外来看護師が教える、指を切った時の応急処置

私が実行した箇所を引用します:

<包丁で切った場合>
  • 場所は台所でしょうから、まずは流水で患部を洗いましょう。
  • もちろん、血はさらに流れますが、気にしない、よく洗います。
  • 洗ったら、キレイなタオルやキッチンペーパーで患部を覆い、心臓より高い位置で(つまり胸の上)指全体をギュッと握ります。
  • これで、黙って5分押さえていましょう。
  • 止まったかな?止まったかな?とチラチラ開けてみていると、鍋のふたを開け閉めし過ぎて沸騰しないのと同様、さらに止まりません。
  • 5分経ったら、そうっと開けてみてみましょう。
  • たいていの場合、止血されています。
  • そうしたら、冷静に傷を見て、カットバンでいいか、病院に行ったほうがいいか、判断できるでしょう。
  • 病院に行くのであれば、必ず電話してみてもらえるか確認しましょう
  • 病院に行って、本当に深い場合は縫われますが、医療用の絆創膏で止めるだけの場合もあります。指先の切り傷は2日もあればくっつきます。
縫うと、却って糸がチクチク痛いし消毒にも通わなければならないので、面倒くさいかもです。この通りに手を胸の上の位置に持ってきて、5分間押さえてみました。出血が止まったように見えましたが、抑えている指を離すと、またじわじわと血液がキッチンペーパーに滲んできました。

私は高血圧なので、もう少し押さえていたほうがいいのかな?と思って、後5分ほど続けると、今度は完全に血は止まっていました。指先に絆創膏を巻いて、その上からゴム手袋をつけて料理を続けることが出来ました。

でも怖いので、スライサーは使わずに包丁で残りのキャベツを千切りにしまいた。

上記のアドバイスは救急外来の看護師の方が書かれているだけあってとても適切でわかり易かったです。また、検索している人が慌てているだろうと、語り口調で書いてあったので、落ち付いて実行出来ました。何度も何度もこういうふうに優しく電話で指導されたのだろうと想像しました。

救急外来が交通事故や急病の方に対応することに集中できるように、小さな怪我はできるだけ家で対応したいものです。私は上のページをブックマークしました。

もちろん、いろいろ試して、出血が止まらないのなら、救急外来へ急いだほうがいいです

上の写真は怪我をしてから三日目の私の指先です。めくれていた皮膚はちゃんとくっついて、痛みや化膿もありません。

教訓:
1.スライサーの刃はとても鋭いので、安全に気をつけて使用しましょう。
2.指先を切ったときはまず家で応急措置を試みて、それでも止まらないときは病院へ行きましょう。

ブックマークしよう!
救急外来看護師が教える、指を切った時の応急処置

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



関連記事
コメント
この記事へのコメント
ねぼすけさん、お役に立ててうれしいです。

私も5ヶ月前に指を切ったときななかなか止血できなくて軽いパニックになりましたが、救急外来看護師さんの記事を読みながら落ち着いて対応できました。

本当に感謝です。
2014/01/18(Sat) 11:35 | URL  | Jasmine #-[ 編集]
初めまして。
わたしも、たったいま同じ経験をし、あわてて処置方法を検索していたところ、こちらのブログを拝見しました。
なんとか落ち着きを取り戻しつつ処置できました。ありがとうございます(^^)
2014/01/17(Fri) 22:58 | URL  | ねぼすけ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック