戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また「アスペルガー診断テスト」が注目を頂いています
2014年04月24日 (木) | 編集 |
アクセス解析

私が以前開設してここ数年はほとんど更新していないウェブサイトがあるのですが、そのサイトのあるページがまた最近注目を浴びています。「アスペルガー診断テスト」というページです。アスペルガーのための自己診断テストです。

50の設問に答えて、合計の数値が32点以上だとアスペルガーの可能性があるというものです。平均点が16.2点ですが、32点以上が出た方でも支障なく暮らしている場合もあるとのことです。

アスペルガー診断テストのイメージ
アスペルガー診断テストのイメージ(クリックすると画像が拡大します)


今回注目されたのはとあるサイトで「ケンブリッジ大学の自閉症研究チームが作成した」という点を紹介くださったからです。

あちこちにこのページを元に作成されたクローンページが発生しました。私のページよりも見やすく、もう少し細かい分析があったりしますが、どれにも私の拙い翻訳が使われています。無料で提供してくださるのであれば、私としては問題はありません。より多くの人にアスペルガー自己診断を提供できることはいいことだと思っています。ただ、クローンページを作る際は、ぜひケンブリッジ大学やWired.comをクレジットしていないことが気になります。私のメールアドレスが残ったままアップしているページもあったのでギョッとしましたが、やがて削除されました。

しかし、何か不正があればこのテストを提供している Wired.comに報告する所存です。

上の画像はアクセス解析ですが、昨日、今日と一万前後のアクセスを頂いてます。普段は100から500程度のアクセスなので、びっくりです。

人間関係に悩んでいる方生きづらさを感じている方には是非オススメなテストですのぜひ一度お試しください:

アスペルガー診断テスト

50問もあるので、人によっては最後まで受けるのがつらすぎて、途中でやめてしまう方もおられるようです。ただ、正確なアセスメントをするためには、同じようなことを角度を変えて設問しなければならないようです。頑張って最後まで受けていただきたいです。

辛さの原因がアスペルガーだとわかれば次のステップが踏めると思います。

翻訳者の私からお願いがあります。

1.テストの結果は個人情報です。任意でツイッターなどにに数値を公表するのは自由ですが、他の人にそれを強要するのはやめていただきたいです。2ちゃんねるのよう匿名な掲示板であれば問題ありません。

2.私のページを元にアスペルガー診断テストを作る場合はケンブリッジ大学のチームが作成したことと、Wired.comをクレジットすることをお願いします。人のものをコピペして自分が作ったふりをすることは良くないと思います。

アクセス解析を元にリンクを辿って行くと、「見づらい」というコメントを目にします。もっと見やすいページを作るために現在HTML5を勉強中です。ページをアップした頃はこれほどのアクセスは見込んでいなかったのでデザインのことなどはあまり気にしていませんでしたが、これから改善していこうと思っています。

HTML5はこの本で勉強中です。:



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。