戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週一の手作りレッスン
2014年04月26日 (土) | 編集 |
もうすぐ完成
もうすぐ完成のトートバッグ

2年ぐらい前にミシンを買ったのですが、使い方が全くわからなくてずっと放置してありました。先日嘉手納町のネーブルカデナ二階にある「ステッチャリー」という洋裁グッズのお店で次男の迷彩パンツを修理するための留め具を買いに行った時に相談したら、手作り教室をすすめられました。そういえば、学校の家庭科でちょこっと習った程度だったので、この機会にちゃんと洋裁を学ぼうと、レッスンのチケットを購入しました。

ミシンの練習中

ミシンを持ち込んで、ゼロからの再スタート。糸通し、操作法を丁寧に教えて頂いてから、最初に挑んだのが息子たちが夏に浴衣を卒業した自立支援施設や今通っている自立支援施設のお祭りへ浴衣を着て参加するときにおさいふや携帯をいれるためのもの。ネットで調べると結構お高いので自分で作ることにしました。裏地のついたしっかりとした巾着が完成しました。写真は長男のために作ったもの。次男の巾着はもっと渋い色で、紐が赤でした。最初のレッスンの時は恐恐だったミシンの操作も最近は様になっていると思ってます。

長男のために作った巾着

巾着の内側

巾着2枚が完成した後、ちょっと五十肩を患って、2週ほどおやすみしましたが、先週から再開。

次は自分用のトートバックを作ることにしました。(ベタな流れかもしれませんが。)私の希望は「手作りに見えないトートバック」。いかにも手作りっぽいかばんではなく、お店で買ったように見えるもの。長さいふと携帯とiPod touchが入り、しかもテーブルに置くと自立できるしっかりとしたもの。柄は花がら。一番最初の写真がそれです。固めの接着芯と裏地のお陰で厚みがあって、理想のバッグが出来ました。取っ手は手縫いで、片方は先生が縫ってくださいましたが、残りは家での宿題。まだ、怖くてできませんが、完成が楽しみです。

毎週水曜日は「お母さんの日」、趣味優先の一日に決めました。

店内、手創り教室のサンプル 店内 店内
品揃えが豊富な「ステッチャリー」の店内

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。