戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【すぐに】 米国人医師の新生児を瞬時に泣きやませる神業 【役立つ】 
2015年12月02日 (水) | 編集 |
毎日チェックしている Twisted Sifter というサイトで、新生児の泣き止ませ方の動画が紹介されていました。動画は英語なので、こちらでは手順を日本語で説明しました。読み終わったらぜひ動画をご覧になってください。


新生児の泣きやませ方


この動画では予防接種を受けたばかりの新生児を泣きやませます。

screenshot from

1.大泣きしている新生児を静かに抱き上げます。

screenshot from

2.片手で支えながら、赤ちゃんを優しくうつむかせます。新生児の首はまだ座っていないので、安全のため、赤ちゃんの姿勢は45°に保ちましょう。

screenshot from

3.赤ちゃんのもう一方の腕を組ませて、大人の手で赤ちゃんの両腕を支えます。

screenshot from

4. もう片方の手で赤ちゃんのお尻を支え、足はだらんとさせます。指先ではなく、手のひらの柔らかい部分で支えましょう。アゴの当たりにそっと指を添えて安定させましょう。

screenshot from

5. ゆらゆらと揺らしてあげると、赤ちゃんは安心した表情になります。

この方法で泣き止まない赤ちゃんはお腹が空いているか、気分が悪い可能性があるとのこと。


この方法で赤ちゃんが泣く理由が
把握できるようになる


新米ママやパパにとって赤ちゃんが泣いている理由がわからなくて、困ったしまうことが多いと思います。この抱き方を試してみて、泣き止まないのならまず、

 1.ミルクを上げる
 2.おむつをチェックして、汚れていたら交換する

ことをお勧めします。

それでも泣きやまなければ、具合が悪い可能性があります。実家のお母様、先輩ママ、保健婦さん、病院の先生などに相談して、必要であれば、病院に連れて行きましょう。


動画に登場する小児科の先生


この動画に登場する小児科の Robert Hamilton (ロバート・ハミルトン)医師は30年の経験を持つベテラン。何千人もの赤ちゃんをこの方法がリラックスさせてあげたそうです。

私のつたない説明ではわかりにくいので、ぜひ下の動画でハミルトン先生の説明をご覧になってください。最初は自己紹介で、1:00に始まります。先生と赤ちゃんのふれあいにはとても癒やされます。ママやパパの笑顔が印象的です。

ハミルトン先生の病院: Pacific Ocean Pediatrics (1996年開業)



できれば、YouTubeのロゴをクリックして、動画に「いいね」をしたり、お礼のコメントをしてください。(日本語でOKです。)

私の長男は新生児の頃ずっと泣いてばかりだったので一日中抱っこをしていました。この方法を知っていれば、母子ともに楽だっただろうと思います。

今の新生児を育てている若いお母さんたちにぜひ、に拡散したいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:育児・子育て
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。