戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
Happy New Year 2016 ~ こんなお正月があってもいいですよね
2016年01月05日 (火) | 編集 |
申年画像 Src: http://www.wanpagu.com/

あけましておめでとうございます。

私は大晦日の夕方、主人と息子たちが主人の実家へ年越しそばを食べに行っている間に仮眠を取ろうとベッドに横になったら、そのまま大晦日もスルーし、初日の出を見ることもなく、7:00頃に目覚めました。「はっ!」と思いましたが、その後すぐ「ま、いいか。」と思いました。

母と暮らす姉は早起きして2人で中城湾の初日の出を見に行き、その帰りにはお参りまでしてきたというのに。

2015年 中城湾の初日の出

大晦日は物で溢れかえっていた寝室の大掃除をしたので、ちょっと疲労していて、またホコリを吸い込んのか、少しゼーゼーしていました。

疲れたので、30分ぐらい寝ようと思っていたのに。

本当のこのブロクの記事の書き納めをするつもりだったのに。

でもいいです、疲れていたので。

こんな大晦日があっても。

ここ数年、私はお正月の料理を作っていません。料理はもっぱら主人のお兄さんと主人の2人が担当しています。大晦日に私が寝ている間にこんな料理を台所で作っていました。

主人が作ったお正月の料理 2016

私が起きた頃には完成していました。

次男は自立支援施設のベーカリー・カフェで午前中だけお仕事でした。次男が帰ってから、家族4人で主人の実家へ行ってお昼を頂いてきました。

その後、那覇のイオンで私の実家向ようのお年賀を買って、母の実家へ。姉の手料理を頂いてから、また主人の実家へ行く予定でしたが、長男が疲れてしまって機嫌が悪くなったので、帰宅することにしました。

いつもは主人の実家で夕飯を頂いてから、元日が終了なのですが、今年はそれはできませんでした。

こんな元旦があっていいですよね。

というか、今まで自閉症の息子2人を抱えて、普通のお正月ができていたことがすごいのかもしれません。

今年は無理せず、多くを望まず、nothing な一年にしてもいいかもしれません。

今年もこのブログをよろしくお願いします。

年賀状2016年 無料 猿のイラスト・テンプレート

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック