戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
ブログのタイトルについて ~ バイリンガルの勘違い
2016年09月23日 (金) | 編集 |
日々鍛錬ロゴ

お褒めを頂いたブログタイトル



このブログのタイトルですは2009年ぐらいから使っています。最初はジオシティーズのウェブサイトのおまけのようなブログの前身「ジオログ」のタイトルでした。(現在はほとんど更新はしていないので、タイトルやリンクは割愛させていただきます。)

ジオシティーズのサイト が地元紙の「ホームページコンテスト」で受賞したときには、「日々鍛錬」とタイトルを審査員の先生に褒めていただきました。

過去の栄光です。

(そのコンテスト自体3回で終了しました。)

実はこのタイトルは勘違いから生まれたものでした。

私は30年ぐらい前に、ヨガ教室にはじめて通いました。先生は男性で、ちょっと滑舌が悪い方でした。ヨガのレッスンの時に「たんれん」の話をされました。「たんれんに集中して。」「気をたんれんまでさげましょう。」実は意味はよくわからなかったのですが、とても耳に残っていました。たんれんを鍛えれば、強い人間になるのだろうな、って思いました。

数年後、ジオログを始める時にタイトルが必要だったのですが、「たんれん」を入れたいと思いました。「四文字熟語」「たんれん」のキーワードで検索したら、「日々鍛錬」という言葉にヒットしました。何だか力士が使いそうな力強い言葉だし、意味の気に入ったので、これに決めました。

じつは「たんれん」ではなく



数年後、テレビを見ていると「たんれん強化の運動」というタイトルが聞こえたので、画面を見ると、字幕には「丹田強化」と書いてありました。

丹田 ロゴ

Oh my God!

ヨガの先生がおっしゃっていたのは、「丹田」(たんでん)だったのです。

そう言えば、沖縄の人には「ら行」「と「だ行」の区別が苦手な人が多く、たとえば、「自動ロック」を「じろうどっく」と発音したりします。

先生もそうだったのですね。

「丹田」をネットで調べたら、先生が力説されていた、下っ腹の絵が沢山出てきました。

これに気づいたときには、あまりにも恥ずかしくて、だれにも話すまいと思っていました。しかし、最近になって、「おもしろい」と思えるようになったので、記事にすることにしました。

ハーフだし。

英語教育しか受けていないし。

日本語をちゃんと勉強したことはないし。

かわいいミスではないですか。

気にしないでいいですよね。

ちなみにサブタイトルの「第二章」というのはジオログからこちらのFC2へお引っ越ししたということから、ブログの第二章がはじまったという意味でした。

幸い、サブタイトルには間違いはありません。


上丹田・中丹田・下丹田―自分の中の天才を呼びさます
Amazon で見る

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック