戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リサイクルに出す古紙のホッチキス
2016年12月10日 (土) | 編集 |


ツイッターで上のつぶやきを見て愕然としました。

ホッチキス針の箱に「ホッチキス針は古紙の再生過程で支障ありません。」と書いてあるのですね。

私はいぜんの記事で血まみれになって古紙についているホッチキスを取り外していることを書きました。



こういうことをする必要はなかったのでしょうか?

自治体の通知には
分類した古紙に、ビニール、セロハン、金具などは絶対に混入しないようにして下さい。
と書いてあるので、雑誌やカタログについている大きめのホッチキスはやはり取り除かな蹴らばならないのでしょう。

しかし、書類についているホッチキスは大丈夫なのかもしれません。

見極めが難しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。