戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
婦人科検診の流れ
2011年06月07日 (火) | 編集 |
今日は沖縄県中部の病院で婦人科検診を受けてきました。

婦人科検診 - 受付から内診までの流れ(自分用メモ):
  1. 家を出る前に、役所からのはがき(ピンク)、保険証、診察券を確認、
  2. 病院に着いたら一階の自動受付けに診察券を入れて受付をすませる、機械から受診票をもらう
  3. エレベーターに乗って、急いで4階へ(先着順で受診できる)
  4. 早く着いたら受付で受診票を渡す
  5. 検診の待合室に案内される
  6. 婦人科検診の受付が始まる
  7. 名前を呼ばれたら、役場からのはがき、診察券、診察券を渡す(予め手に持っているといい)
  8. 4枚綴りの問診票に住所、名前、電話番号、生年月日をできるだけ力を入れて書く
  9. 一枚目を受付の人が取る
  10. 残りは奥の席で記入して、「血圧」と書いてある箱に入れる、席に戻る
  11. 名前が呼ばれ問診票の確認の後、血圧を測る
  12. 検査エリアに移動、腰掛けて待つ
  13. 名前を呼ばれたら、かごを渡され、更衣室で診察用の上着に着替える
  14. 自分の上着や肌着はかごに入れて席に戻る。かごは検診が終わるまで持っている
  15. 名前を呼ばれたら診察室に入って乳腺と甲状腺の触診
  16. ナースの指示でマンモグラムの部屋の前まで移動
  17. 名前を呼ばれたらマンモグラムを受ける(痛くありません、圧迫感はありますが、リラックスしましょ)
  18. 検査エリアに戻って、ウェストがゴムのスカートを渡される
  19. 上着を脱いで所定の大きなかごに入れ、自分の上着を着る
  20. ボトム、下着を抜いてスカートに着替える、脱いだ服はかごに入れる
  21. 名前が呼ばれたら、先ほど触診を受けた部屋へ入る
  22. 内診の説明を受ける
  23. すぐ隣の内診の部屋へ移動
  24. 内診用の椅子に座る、椅子が上がる、内診を受ける(リラーックスしたら痛くない)
  25. 椅子が下に降りる、部屋を出る
  26. スカートを脱いで自分の服に着え、かごはナースに返す
  27. 総合受付に行って、診察券と保険証を受けとる
  28. 一階の自動支払機に診察券を入れて、支払いを済ませる
以上。

午後1:00受付、支払いを済ませたのは4:25。

「22. 内診の説明を受ける」の時に自然分娩か聞かれました。私は二人とも帝王切開だったと答えたら、「あ、赤ちゃんが通ったこと無いんですね。」と言われました。

そして内診の時にカーテンの向こう側で「この方には小さい器具で」というのが聞こえました。初めて痛みの無い内診を受けることができました。女性によって器具のサイズが違うのですね。

婦人科検診を受けよう!私は役所から婦人科検診のはがきが来るようになってから、ほぼ毎年受けています。

私の母から聞いた話が忘れられないからです。私の母は食品関係の会社でパートをしていました。健康診断や婦人科検診の日は仕事を休んで受診していました。母の同僚の女性は「なんでそんな物行くの?パート代が減るのに?」と言ったそうです。その数年後60代の時にその方は子宮がんでなくなりました。検診で防げる病気だったのに。残念です。

私の母はまだピンピンしています。

自分のために。家族のために。婦人科検診は毎年受けましょう。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック