戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
英検一級テスト無事終了
2011年06月12日 (日) | 編集 |
eiken.jpg

無事に英検一級の試験を受けることが出来ました。受かる自信はありませんが、達成感はあります。

送迎を担当してくれた夫にSP Thanx。

昼過ぎに家を出て、沖縄市には早く着きすぎて、A-Priceで時間をつぶしました。腕時が見つからなかったので、なしで受験しようと思ったら、主人がBig1に連れていってくれて、980円で写真のキーホルダー型の時計を買いました。よく見ると秒針がお札で、招き猫の周りをぐるぐる回っています。縁起がよさそう。

主人に球陽高校の前で降ろしてもらって、受付をしようと思ったら、上履きを持ってくるのを忘れたことに気づき、ダッシュでBig1に戻って安いスリッパを買ってきました。でも後でよく見ると、裸足の人や靴下だけの人とか結構居ました。さすが沖縄。やることがワイルド。

受付を済ませて3階の3年8組の教室へ。受験者は22-23人ぐらい。私の周りでは私が一番年上でした。大人が多かったですが、若い人もちらほら。ハーフの方が4人ぐらい。(あ、私もハーフだったっけ。)

過去3回分の英検の問題をすべて解いてから挑んだのですが、やはりちょっと緊張しました。最初の25問の4択問題は結構スラスラと解けましたが、ちょっと自信がない問題が2つありました。後は多分正解です。

長文はまず問題から読んで、そして本文を読んで、本文と内容が違う選択しを消去して残った物を選びました。このやり方だと、問題は読まなくても選択肢をだけで答えが出せそうな気もしました。どの選択肢も途中まではあっているのですが、最後が微妙に本文の内容と違います。慎重に読まないとケアレスミスを誘発します。

エッセーは懸念していたほど難しいテーマではなかったので、先日の私の武勇伝のブログの内容を軸に組み立てていきました。(書いていてよかった!)結論は「私の実体験が理由」です、とまとめました。最近はパソコンで文章を書くことが多かったので手書きの大変さを実感しました。ネットが使えないし、類似語辞典が引けないし。単語力がかなり落ちていました。授業では英検準2級程度の英語しか使っていないし。

リスニングのテストが私に最も簡単な問題のはずでしたが、疲労感で眠くて、一問集中して聞けないものがありました。これも音声を聞きながら、合っていないものを消去していくと、正しいのがひとつだけ残りました。途中聴き逃した問題以外は大丈夫たと思います。(本音は「大丈夫だといいな」)

答え合わせは今日はしないことにしました。多分近いうちに回答を貰えると思うのです。

さて、これから明日の授業の準備です。それからダウンします。

あ、まず主人が作ってくれた夕食をいただきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ハーフ・クォーターの暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:どうでもいい報告
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック