戦う片付けられない元うつ病の主婦。フリー翻訳家。息子たちは自閉症。夫は元中学教諭。
ブログのタイトルについて ~ バイリンガルの勘違い
2016年09月23日 (金) | 編集 |
日々鍛錬ロゴ

お褒めを頂いたブログタイトル



このブログのタイトルですは2009年ぐらいから使っています。最初はジオシティーズのウェブサイトのおまけのようなブログの前身「ジオログ」のタイトルでした。(現在はほとんど更新はしていないので、タイトルやリンクは割愛させていただきます。)

ジオシティーズのサイト が地元紙の「ホームページコンテスト」で受賞したときには、「日々鍛錬」とタイトルを審査員の先生に褒めていただきました。

過去の栄光です。

(そのコンテスト自体3回で終了しました。)

実はこのタイトルは勘違いから生まれたものでした。

私は30年ぐらい前に、ヨガ教室にはじめて通いました。先生は男性で、ちょっと滑舌が悪い方でした。ヨガのレッスンの時に「たんれん」の話をされました。「たんれんに集中して。」「気をたんれんまでさげましょう。」実は意味はよくわからなかったのですが、とても耳に残っていました。たんれんを鍛えれば、強い人間になるのだろうな、って思いました。

数年後、ジオログを始める時にタイトルが必要だったのですが、「たんれん」を入れたいと思いました。「四文字熟語」「たんれん」のキーワードで検索したら、「日々鍛錬」という言葉にヒットしました。何だか力士が使いそうな力強い言葉だし、意味の気に入ったので、これに決めました。

じつは「たんれん」ではなく



数年後、テレビを見ていると「たんれん強化の運動」というタイトルが聞こえたので、画面を見ると、字幕には「丹田強化」と書いてありました。

丹田 ロゴ

Oh my God!

ヨガの先生がおっしゃっていたのは、「丹田」(たんでん)だったのです。

そう言えば、沖縄の人には「ら行」「と「だ行」の区別が苦手な人が多く、たとえば、「自動ロック」を「じろうどっく」と発音したりします。

先生もそうだったのですね。

「丹田」をネットで調べたら、先生が力説されていた、下っ腹の絵が沢山出てきました。

これに気づいたときには、あまりにも恥ずかしくて、だれにも話すまいと思っていました。しかし、最近になって、「おもしろい」と思えるようになったので、記事にすることにしました。

ハーフだし。

英語教育しか受けていないし。

日本語をちゃんと勉強したことはないし。

かわいいミスではないですか。

気にしないでいいですよね。

ちなみにサブタイトルの「第二章」というのはジオログからこちらのFC2へお引っ越ししたということから、ブログの第二章がはじまったという意味でした。

幸い、サブタイトルには間違いはありません。


上丹田・中丹田・下丹田―自分の中の天才を呼びさます
Amazon で見る

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
関連記事
色々できた一日
2016年09月16日 (金) | 編集 |
デスクの上の飾り
ちょっとデスクまわりを可愛くしています

今日予定したことが全てできました



今日は台風マラカスが近づいているので雨模様。お洗濯はパスして、午前中は朝食作り、食器洗い、ゴミ出し、簡単なお掃除をしました。

膀胱炎か、カンジタ炎の前触れで気分が優れなかったので、クランベリージュースを炭酸水で割って、数回飲みました。時々リンゴ酢を割って飲んだりも。

本当は家でだらだらしたかったのですが、週末前にやっておきたいことがありました。
  1. 車にガソリンを入れる。
  2. 銀行で、次男が自立支援施設で頂いた工賃を千円札と5百円に崩す。
  3. 皮膚科で、右手の中指にできた大きな水ぶくれを処置してもらう。
  4. 動物病院でキャットフードを買う。
  5. クロネコヤマトで小包を送る。
以前なら、後回しにしていたことです。今日できることは明日まで残さない努力をしています。ペース配分もちゃんと考えられるようになりました。

1.から4.は順序どおりにできました。

クロネコヤマトへ行く前に家に立ち寄って、遅めの軽い昼食を摂りました。

その後、夕飯を作って、息子たちに食べさせました。次にスーパーへお米や納豆などを買いに行き、その帰りに小包をクロネコヤマトへ。

そして今に至ります。



家事ができなかった



過去の記事をチェックすると、ウツだった頃は家事についてとても悩んでいたことに驚きます。

お洗濯する時、食器洗をする時、お掃除を始める時、大きな決意をしなければなりませんでした。

「できない。」

「無理。」

「どこから手をつけたらいいのかわからない。」

パニックしてたり、無気力だったり。

決して「やる気がない」わけではない。

今から思うと、信じられないくらいエネルギーがなかった毎日。

今は家事の段取りができています。

朝食作り⇒後片付け⇒お洗濯⇒お掃除⇒ゴミ出し⇒お洗濯物の取り込み⇒買い物⇒夕飯作り⇒後片付け。

まだまだ完璧にはできませんが、ストレスがほとんど無くなりました。

ウツの頃とは大違いです。

というか、

段々、ウツの頃の気持ちを思い出せなくなりました。

余談



2010年に購入した中古のダイハツブーンですが、今日小さな発見が有りました。私はガソリン代が安いセルフのガソリンスタンドを利用するように心がけていて、ガソリンを入れる時、給油口を開けてから、キャップはガソリンポンプに設置してあるプラスチックのカゴに入れます。今日もそうしようしたら、店員の方が給油口の扉の引っ掛けるためのホックはあると教えてくれました。

Fuelcap.jpg

6年以上も乗っていて、ずっと知りませんでした。嬉しくなってその場で写真を摂りました。

2010年 購入したばかりのダイハツブーン

写真は買ったばかりの時の愛車。後何年乗れるのだろう。

今日は感謝を込めてタイヤのローテーションをお願いしました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

関連記事
「しつけ」と「虐待」の違いを知ろう
2016年08月11日 (木) | 編集 |
笑顔の母と子


ニュースを見ていると、幼い子供達が親の暴力で振るわれてケガをしたり、死んでしまうこと事件を目にすることがあります。

加害者の大人は、決まって「躾(しつけ)のつもりでやった」と言いますが、私は「躾」というのは後から思いつた言い訳だと思っています。絶対にこれは暴力であり、虐待です。

私も育児で数々の失敗をしてきましたが、そんな中で躾と暴力には大きな違いがあるとわかってきました。

躾と言える条件は:
  1. 親が冷静である。
  2. 躾の行為には理由とねらいがある。
  3. 子供の心を傷つけない。
だと思います。

人は息が浅いと、カッとなりやすい


子供は大人が困ることばかりすることがあります。兄弟げんか、物を壊す、言うこと聞かない、などなど。忙しい時や、精神的にゆとりが無い時にこういうことをされるとついついカッとなってしまいます。

親は冷静さを失い感情にまかせて子供を叩いたり、狭い所に閉じ込めたり、大きな声を怒鳴ったりすることがあるかもしれません。

子供が大泣きをして、その後、静かになった時、親は我に返って、暴力を振るったことを反省します。

こういうことの繰り返しの毎日かもしれません。専業主婦でも、働いているお母さんでも、シングルマザーでもこういう経験をした人は多いでしょう。

しかし、叩いてしまってから、反省しても遅すぎるのです。

子供は親に暴力を振るわれてどんなに恐ろしかったとしても、痛かったとしても、許してくれます。でもやがて回数が増えると、心が壊れて、取り換えしがつかないことになるかもしれません。

息を整えて冷静になろう


今すぐにできることがあります。

それは呼吸を整えることです。子供を怒鳴りたくなる時、叩きそうになっている時、親の呼吸はとても早く浅くなっていて、脳に血液や酸素が行かなります。体は戦う準備をしています、思考することが後回しになります。

原始時代から、人間はこうやって戦いに備えていました。冷静に考えるよりも、逃げるか戦うかが最優先になります。現代人が理性で動かなくてはならなくても、戦闘モードが発動するのです。

戦いの前のネアンデルタール人
Charles R. Knight

なので、暴力を防ぎたいのであれば、脳に血液と酸素を供給すればいいのです。
方法は簡単。呼吸を整えればいいのです。

呼吸を整えると「戦闘モード」が解除され体がリラックスし、、脳に酸素と血液が届けられます。すると、冷静に思考することができます。子供が悪いことをした時には暴力を振るったり、大きな声を出さずに、どう躾をしたらいいか、考えて実践することができます。

呼吸の方法:
  1. まず体内の淀んだ息を「ふーっ」と勢いよく全て吐き出します。
  2. 鼻から新鮮な空気を吸います。
  3. 鼻から、ゆっくりと息を吐きます。できればゆっくりと1から5まで数えながら。
  4. 2と3を3回繰り返します。


このような動画を参考にするのもいいでしょう。



Youtubeで「呼吸でリラックス」と検索すると色々な動画を見ることができるので、自分にぴったりのものを探して実践してください。

冷静になって「躾」の方針を考えよう


呼吸が整ったら、効果的な躾を考えましょう。

たとえば、
  • 子供がジューズをわざとこぼしたのなら、雑巾を持ってきて一緒に片付けて「今日はジューズはオシマイ。喉が乾いているのなら、お水の入れてあげる。」といいます。子供はジュースをこぼすと損をすると気づきます。
  • お姉ちゃんが妹を叩いてしまったら、お姉ちゃんを無視して、妹に沢山かまってあげましょう。するとお姉ちゃんは妹をいじめると寂しい思いをすると気が付きます。
  • 子供が癇癪を起こしているのなら、、ペット他の兄弟やペットを安全な場所へ移動させてから、子供が落ち着くまで見守る。
冷静に考えた対応はりっぱな躾です。

このようなことをとっさに思いつくのは難しいかもしれません。また、お子さんによって、効き目のある躾が違います。日頃からノートや携帯のメモ機能に書いて保存しておきましょう。

良い躾の方法が思い浮かばなければ、先輩ママやママ友に相談するのもいいでしょう。まわりに相談できる人がいなければ、育児書を読んだり、NHKの育児番組をチェックしてください。

反面教師という先生もいます。子供の頃、家族や先生やその他の大人にされたことで「嫌だった」と思うことがあれば、その正反対をするのもいいでしょう。「こうして欲しかった」と思うことが正解です。

怒鳴られたことがとてもいやだったのなら、穏やかに子供に話しかけるように心がけよう。あまり話しを聞いてもらえなかったのなら、じっくりと子供の話を聞く大人になりましょう。

<h2>冷静に育児をすれば、子供を傷つけることはありません</h2>

私は自閉症の息子たちを育てる上でたくさんの失敗をしてきました。反省しきりです。

私はなんども息子たちに謝ってきました。息子たちは許してくれますが、心の傷は残っていると思います。

主人が仕事に出掛けている間、一人で育児を頑張っている時に冷静でいれば、防げたことは多かったと思います。

まずは冷静になったみましょう。そして、徐々に育児の危機を共に乗り越えていきましょう。

写真: London Scout

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

関連記事
私はKYだった!?
2016年07月09日 (土) | 編集 |

black-and-white-person-woman-girl.jpg 

AQテストでは分からなかった

私は自分が人の気持ちがわかる人間だと思っていました。

友人の役に立てればと思い「AQテスト」を日本語に翻訳した時に自己診断をしてみましたが、私は自分が人の気持ちがわかるという前提で設問に答えていたのでAQ値は20ポイントいないでした。平均点が16.4。32点以上だとアスペルガーの疑いがあるそうです。

でも、KYだと気づいた今、結果は違ってくるかもしれません。

テレビが切っ掛けでした

2016年6月27日に放送された、テレビ朝日の「しくじり先生 ~ 俺みたいになるな」と言う番組の神田うのさんが出演した回のテーマは「空気が読めなくて嫌われた先生」でした。


神田さんの回の詳細はこちらの GoodDaysLaboさんの記事 をご覧ください。


私は番組の出演者の「気付き」の瞬間について聞くのが好きでよく観ますが、今回は人事ではありませんでした。神田さんがKYな言動で人を傷つけた話しを始めた時に自分もそういうことをしていると気付きました。相手の気持ちを考えずに発した言葉で傷つけていたことが結構あったのです。


20代の頃に仕事をやめた時に同僚の女性が私にプレゼントを私ながら「私はずっとあなたのことが嫌いだった。」と言われました。私はその人のことがちょっと苦手だったので「そうでしたか、すみません」と言ってその場を立ち去りました。


その時はわかりませんでしたが、私はKYな発言をして彼女を深く傷つけていたのでしょう。


障害者の母親の会で仲間はずれになったことも有ります。リーダー各の女性にとても嫌われたことは自覚していましたが、今になってなぜ私が嫌われていたのかがおぼろげに見えてきました。

KYなのでなぜ嫌われているのかわからない

私はバイリンガルで、仕事もテキパキこなし、年齢にしてはデジタル機器が得意です。


「頭がいい人」だと思われているのかもしれません。


バイリンガルでも人の気持ちがわからないし、仕事でテキパキしていても家ではダメダメだし、デジタル機器が使えても、お掃除や人付き合いなど主婦にとって必要なスキルは少ないです。


「頭がいい」からわかっていて人の気持ちを無視しているような発言をしている、と思われているのかもしれません。私の言動で傷ついた人は傷ついた理由を言ってくれず、無言になるか、私から離れていくかのどちらかです。


私が自分で気づくしかありません。「私の言動のどこで傷ついたの?」と聞いても相手の方は中々答えられないと思います。


今までKYな言動で傷つけた方々にお詫びしたい気持ちで一杯です。お会いする機会があれば、KYな言動をあやまりたいと思っています。
過去を変えることはできないません。自分を変えてこれ以上KYな発言をしないよう努力するしかありません。
今私ができるのは:
  • 意識して相手の気持ちを考える。
  • 相手の表情を見て、話す。
  • 考えながら話す。


私は話す時に相手が見えていないのかもしれません。自信はありませんが自分を変える努力をします。


画像ソーズ: Pexels


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
海の見えるカフェ ~ ちゅら海Cafe かふう
2016年04月24日 (日) | 編集 |
バナナチョコパンケーキ ちゅら海Cafe かふう

4月の上旬、長男がショートステイに行った日に、主人、次男と私の3人で恩納村のカフェで朝食をとりました。次男が恩納村まで遊びの行くというので、道の駅へ送る途中に立ち寄って店ですが、とても素敵でした。

次男は「バナナチョコパンケーキ」を注文。

バナナチョコパンケーキを食べる次男

海が見える窓際の席が並んでブランチを楽しみました。上の写真は店内から撮影。

海が見える席 ちゅら海Cafe かふう

主人と私はボリュームたっぷりの「モーニングセット」をセレクト。

モーニングセット ちゅら海Cafe かふう

他にもいろいろなこだわりメニューもありました。

メニューボード ちゅら海Cafe かふう 

今度は長男も一緒に家族4人で訪れたいと思います。たんかんジュースは午前で完売でした。

看板 ちゅら海Cafe かふう




住所: 〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田2224−1
ブログ: かふうの日々日記 (季節によってはクジラを見ることができるようです!)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
関連記事
テーマ:食事日記(写真付き)
ジャンル:日記